パレスチナ国際連帯フェスティバル10・30大阪

参加アーティスト

MC GAZA

↑狙撃弾なんか怖くない
(グレート・リターン・マーチの歌)
イブラヒム氏ら3人の初来日公演確定!
73321641_449657492567255_886813956529507

イブラヒム・グレイム (MCガザのリーダー:ラッパー)

ムハンマド・アルバラウィ(シンガー)

ムハンマドバドワン・アブムッサラーム(ドラム)

趙博(チョウ・パギ/パギやん)

「ちょう・ぱぎ」「浪花の唄う巨人・パギやん」

大学・塾講師を務めていた1992年にロックバンドガーネット&レイジのリーダーとしてデビューし、1995年にCDアルバム『ソリ・マダン』でソロデビュー。TBSテレビ筑紫哲也 NEWS23で歌う塾講師として取り上げられた事によりカルトな全国区人気を博す様になる。デビュー以来、ライブ&トークやテレビ・ラジオ出演では、メジャーシーンで扱われない題材・テーマにこだわって表現活動を続けている。

永六輔と親交が深く2006年TBSラジオ土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界にはよく出演していて「2006年度芸能大賞」に選ばれた。

川口真由美

京都在住のシンガーソングライター。障害者施設代表。3人の子供を育てるシングルマザーでもある。
戦争反対・護憲・反原発・沖縄基地建設反対などの運動に参加しながらメッセージを込めた弾き語りやピアニカを使った演奏を行っている。
辺野古には月1回ペースでゲート前の座り込みなどに参加。その場においても「歌」や「踊り」で連帯を続けている。肩を寄せ合い、力を寄せ合いながら生きる人々の中で、悩み、葛藤しながら紡いできた詩とメロディーの力強さは、多くの人々の心に響いている。そして、倒れても立ち上がり前に進む力を与えてくれる。

闘うシンガー・闘いを歌う女、共に歌う歌姫など勇ましい愛称も多いが、感受性が強く涙もろい一面もある。「戦争の悲しみから生まれたのが憲法9条なら、私は憲法と平和といのちを歌っていきたい。戦争のために子供を産んだのではない。その一点で母親たちは連帯できると思うのです。」と強い想いと確信を持って、ファーストアルバム「想い 続ける-沖縄・平和を歌う-」を2016年12月8日にリリース。

川口真由美のドキュメンタリー映画「レジスタンスなう!」がアジア国際映画祭新人女優賞受賞。台湾での表彰式に出席。そこでも歌と踊りを披露し、話題となる。
2018年5月セカンドアルバム「人のチカラ」をリリース。変わらぬ沖縄への想い、信じる人のチカラ、繋がり。彼女の歌に励まされる人々が増え続けている。

パレスチナ~沖縄~福島 国際連帯フェスティバル 参加アーティスト

キャプチャ.JPG

パレスチナ問題とアーティストの紹介動画

パレスチナ問題

渋さ知らズ - 春のお祭り〜2016年古典の旅

DELI / Vengeance feat. B.I.G.JOE & GORE-TEX (Produced by dj honda)

蝦名宇摩 - 津軽三味線ライブ - 20160522

MC GAZA/くたばれトランプ

Kダブシャイン 「プラネットボム」

毎月第4水曜日「DJ OASIS FUNK P RADIO」

中東問題①パレスチナ問題